沖縄赤十字病院

地域医療連携室「ゆいねっと」の紹介

医療関係者の皆様へ地域医療連携室「ゆいねっと」の紹介

地域医療連携室の紹介

地域医療連携室の紹介

ごあいさつ

沖縄赤十字病院 地域医療連携室室長 大嶺 靖
沖縄赤十字病院
地域医療連携室室長 大嶺 靖

 何らかの疾病を患ったとしても、自分の住んでいる地域で治療を受け生活を維持していきたいと願っている人は多いと思います。日本の診療所は住民の身近にあり、すぐ診てくれるなど、患者様にとって非常に有益な存在です。診療所で対応が難しい場合には、病院で治療を行う。病院での治療が終わったら、また診療所で診てもらう。診療所と病院、または病院と病院の連携は重要な社会インフラといえます。

 当院は地域医療支援病院であり、定期的に外部委員も交えた地域医療支援委員会を開催し、地域住民の医療や健康増進、そして医療連携について協議しています。よりいい連携のもと、患者様の住み慣れた地域で医療が完結できるように地域の先生方、医療機関と協力して質の高い医療の提供に努めていきます。

地域医療連携室「ゆいねっと」とは…?

地域医療連携室「ゆいねっと」は、地域全体で患者様を支えるための窓口です。患者様やそのご家族が安心できる「地域とのかけはし」になれることを目指しています。 「ゆいねっと」では事務職員や看護師、社会福祉士が、他医療機関の連携窓口や患者様とそのご家族の方の支援などを目的として、主に4つの担当に分かれて業務を行なっています。

1.病診連携担当

病診連携担当

地域の先生方とのコミュニケーションを大切に!
迅速で的確な医療を提供できるよう努めています

「主な業務内容」

  • 紹介患者様の事前受付(外来診療予約・入院予約・放射線科検査予約・内視鏡検査予約)
  • 紹介元医療機関への報告書(返書)管理など
  • 患者様の紹介・逆紹介の推進
  • 診療情報などの広報(診療のご案内、外来体制表、「診療情報誌・連携タイムス」などの発行)
  • 医療機関従事者および地域住民を対象とした講演会の運営など

2.医療相談担当

医療相談担当

医療に関する保障や在宅ケアなど
制度や経済的な問題についてもご相談ください

「主な業務内容」

  • 医療に関する各種社会保障制度の紹介、申請補助、調整など
  • 在宅ケアに関する相談(介護保険、老人医療)など
  • 各種医療社会資源の紹介、調整など
  • 関係機関(各種施設、病院など)の紹介、調整など
  • 経済的な問題に関すること

3.退院支援担当

退院支援担当

退院後の生活に不安が残らないよう
様々な関連施設と連携してバックアップします

「主な業務内容」

  • 患者様およびご家族の生活の継続を支援するために行う退院調整など
  • 転院のための医療機関、退院後の社会福祉施設などの選定援助
  • 在宅サービスの情報提供並びに関係機関のサービス活用援助
  • 退院後の住宅環境問題解決のための援助

4.入院支援担当

入院支援担当

患者様やご家族の入院に対する不安を緩和させ、
入院後スムーズに療養できるようサポートします

「主な業務内容」

  • 看護プロファイルの聴取
  • 患者様とご家族の不安や要望の確認
  • 個室入院の希望の有無の確認
  • 入院日の受付から病棟入院までの流れの説明
  • スムーズな退院支援に向けて、相談員への情報提供

地域医療連携室「ゆいねっと」へご意見・ご要望などございましたら、お気軽にご連絡ください。 より良い地域医療連携の形を作れるよう、努めて参ります。

お問い合わせ

地域医療連携室「ゆいねっと」

098-836-5691
098-836-5683