沖縄赤十字病院

脳神経外科

診療科・部門紹介脳神経外科

脳神経外科からのお知らせ

現在、お知らせはありません。
脳神経外科

脳卒中(血管内手術)とてんかんの専門外来を開設しています

脳卒中とは脳血管の病気の一つで、血管が詰まれば脳梗塞、破裂すれば脳出血になります。現在の脳卒中の治療は、切らない手術である血管内手術が主流となっており、当院はこの治療法における県内随一の症例数を誇っています。そして、てんかんの治療は近年新しい治療法がどんどん出てきており、その中には実は手術も含まれています。当院は県内で唯一てんかん手術をすることができる医療機関です。

取り扱っている主な疾患
脳卒中、てんかん、頭部外傷、脳腫瘍 など

脳神経外科の特徴

検査方法(治療方法)とその内容

  • 脳ドック
    未破裂の脳動脈瘤を発見するための検査です。脳動脈瘤とは、血管にできるコブのようなものです。これが詰まったり破裂したりすると、大きな疾患へと繋がります。
  • 血管内治療
    切らない手術、と言われているカテーテル手術です。患者様の負担が少なく、術後の回復も早い治療方法です。
  • ビデオ脳波検査
    1日入院していただき、24時間脳波を検査します。てんかんの診断には欠かせない検査で、沖縄県内では当院だけが行うことができます。
  • てんかん手術
    お薬での治療が中心のてんかんですが、お薬では発作が治らない時などに手術を行なっています。服薬中で不安のある方は、ぜひ一度ご相談ください。
検査方法(治療方法)とその内容

治療方針と体制

  • 脳卒中
    脳動脈瘤が破裂すると「くも膜下出血」になります。一旦くも膜下出血を発症すると死亡率が高くなるため、脳動脈瘤が破裂する前に治してしまおう、というのが私たちが提供する血管内治療です。私たちはこの血管内治療において最新の設備を整え県内随一の治療数をこなしておりますので、安全に治療を行うことができます。破裂する前の脳動脈瘤は、当院で実施している脳ドックで確認することができます。未破裂脳動脈瘤は何の症状も出ないことがほとんどですので、ぜひ積極的に受けていただきたい検査です。脳ドックでは4人の専門医で結果を解析しますので、診断にも自信を持っております。安心して受診してください。
  • てんかん
    てんかんの治療は日進月歩です。特にてんかんの手術となると、今までは沖縄県外に行かなければ受けることができませんでした。当院では2013年から本格的にてんかんの手術を開始し、2016年までに約30人の方々にてんかんの手術を行ってきました。また、てんかんの診断・治療に必要なビデオ脳波検査も併せて開始し、これまでに約60人の方々がこの検査を受けています。当院はこのビデオ脳波検査、そしててんかん手術を提供できる県内唯一の医療機関です。

このように、当科では診断から治療まで一貫した流れの中で質の高い医療を提供しています。

診療・手術の実績

当科で施術した手術実績は以下の通りです。

手術名 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
血管内手術 71件 29件 36件 68件
てんかん手術 3件 2件 8件 14件

外来担当医表

受付
時間
午前高良 英一(手 術)高良 英一山城 勝美與那覇 博克
(血管内治療外来)
中島 重良担当医
午後(手 術)與那覇 博克饒波 正博第二・第四 てんかん外来

※受付時間について/午前は8:30~11:00まで、午後は13:00~16:00となります。
※2017年10月02日現在の体制表です。最新情報については地域医療連携室へご確認ください。

診療医師紹介

院長

髙良 英一Takara Eiichi

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・医学博士
・脳神経外科一般
・日本脳神経外科学会(専門医)
・琉球大学医学部臨床教授

第一脳神経外科部長

饒波 正博Noha Masahiro

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・医学博士
・日本脳神経外科学会(専門医)
・日本臨床腫瘍学会
・European Association of Neuro-Oncology

第二脳神経外科部長

與那覇 博克Yonaha Hirokatsu

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳神経血管内治療学会専門医

応援診療医師

太組 一朗Takumi Ichiro

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・日本医科大学武蔵小杉病院脳神経外科 講師
・てんかん専門医・VNS(迷走神経刺激療法)認定医
・脳神経外科専門医・脳卒中専門医
・がん治療暫定教育医・認定医
・医学博士