沖縄赤十字病院

呼吸器内科

診療科・部門紹介呼吸器内科

呼吸器内科からのお知らせ

現在、お知らせはありません。
呼吸器内科

専門医として最後まで丁寧な診療を心がけています

当科では「呼吸器=肺」に関する疾患を扱っています。呼吸器疾患の主な症状としては、咳、痰(たん)、息切れ、呼吸困難、血痰といったものが挙げられます。このような症状に対して、近隣のクリニックでは行えない専門的な検査、例えばCT検査や肺機能検査、内視鏡検査、培養検査、病理学検査などを引き受けています。

また専門的な治療については、肺癌や肺結核、重症の肺炎、間質性肺炎などについて薬物治療を中心に行っています。当院には呼吸器外科もありますので、患者様それぞれの状態に合わせて連携して治療にあたっています。現在当院には膠原病・腎臓内科の常勤医が不在のため、リウマチ・膠原病や糖尿病を合併した間質性肺炎の診療においては、他の総合病院でも治療を受けていただくことがあります。今後も地域の医療施設と連携をとり、患者様にとってより良い医療環境を整えられるよう努めています。

取り扱っている主な疾患
慢性閉塞性肺疾患(COPD)、感染性肺炎、気管支炎、気管支喘息、肺癌、間質性肺炎、気胸、胸膜炎、膿胸、肺化膿症、肺結核、肺出血、肺サルコイドーシス、薬剤性肺障害、慢性呼吸不全 など

呼吸器内科の特徴

検査方法(治療方法)とその内容

・気管支鏡検査(呼吸器内視鏡)
間質性肺炎の疑いがある場合や肺癌を確定する場合などに行う、肺の中に内視鏡を入れる検査です。医師4名体制で月曜と木曜の週2回行っており、検査には一、二泊の入院が必要となります。

・抗癌剤治療
科学的根拠に基づいた標準的な治療を行なっています。

・放射線治療
肺癌の症例で、主に症状緩和や抗癌剤との併用で行なっています。

検査方法(治療方法)とその内容

治療方針と体制

現在、呼吸器内科は常勤医4名で外来、入院、救急の患者様を診療しています。医師は地元出身者が多いため比較的転勤が少なく、長期間にわたって患者様との関係を築いていくことができています。また、内科のみで解決できないことは外科と協力し、肺癌の手術や難治性の気胸や膿胸、診断が難しい肺病変の生検(患部の一部を切り取って顕微鏡で調べる検査)など患者様に適した医療を提供できるように努めています。病状が安定している患者様については、必要に応じて当院で検査や入院を行いながら、近隣のクリニックと連携することで継続的な治療を目指しています。

外来担当医表

受付
時間
午前那覇 唯内原照仁
午後赤嶺盛和内原照仁那覇 唯赤嶺盛和
當銘玲央

※受付時間について/午前は8:30~11:00まで、午後は13:00~16:00となります。
※2017年10月02日現在の体制表です。最新情報については地域医療連携室へご確認ください。

診療医師紹介

副院長 呼吸器内科部長

赤嶺 盛和Akamine Morikazu

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・日本内科学会(認定医)
・日本内科学会
・日本呼吸器病学会
・日本感染症学会(専門医)
・日本化学療法学会

内原 照仁Uchihara Teruhito

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・医学博士
・日本呼吸器学会(専門医)
・日本内科学会(認定医)
・日本呼吸器内視鏡学会
・日本感染症学会
・日本肺癌学会

那覇 唯Naha Yui

■ 専門分野
■ 所属学会・資格など
・認定内科医
・呼吸器専門医
・感染症専門医

當銘 玲央Toume Reo

■ 専門分野